このサイトでは、サービス向上のためCookie(クッキー)を使用しています。このバナーを閉じるか、閲覧を継続することで、cookie使用に同意するものとします。 詳細はコチラ
[ 閉じる ]

企業情報

沿革

ZUIKOの歴史は、技術革新へのあくなき挑戦の歴史です。

創生 1963~1983

ZUIKOは1963年に設立され、生理用ナプキンを製造する加工機から始まり、その後、おむつの加工機の製造販売を開始しました。少しずつ市場を拡大していき、重要な技術を開発する中で、1980年にはZUIKO第一号目となる特許を取得しました。ZUIKO独自の技術開発の出発点となりました。

技術革新 1983~2003

加工機の製造だけでなく、製造プロセスの技術向上にも力を注ぎました。加工機の高速化に成功し、製品の新機能を開発することで、履き心地や製品付加価値を高めました。
着々と「技術深耕」という企業方針を定着させ、少しずつ輸出が増大し、ZUIKOの技術が国内だけでなく海外からも認められ始めました。

グローバル展開 2003~

2003年にZUIKO初となる海外拠点、ZUIKO上海を設立し、中国市場向けの加工機製造と販売拠点として活動を開始しました。その後、北米、東南アジア、欧州などの世界各地に支社、サービスセンターや工場を次々に設立、全世界展開へ向けて歩み始めました。
国内では、80%を占める圧倒的シェアを誇るZUIKO。衛生製品の製造機械メーカーとして培ってきた独自の技術力と開発力を活かし、世界へ果敢に挑戦してまいります。