このサイトでは、サービス向上のためCookie(クッキー)を使用しています。このバナーを閉じるか、閲覧を継続することで、cookie使用に同意するものとします。 詳細はコチラ
[ 閉じる ]

機械紹介

ZUIKO技術紹介

未来を創造する盤石のソリューション体制。

技術者たちが互いに切磋琢磨しあい、新しい技術や設計コンセプトをカタチにするための最良の環境がここにあります。「技術深耕」の社是を合言葉に、お客様からのニーズに応えるだけでなく、自ら市場をリサーチして画期的な新製品を次々と世界中に送り出しています。

SAPシートインライン加工

紙パルプを使わず、高吸水性高分子(SAP)と不織布のみでシート型吸収体を300m/分まで上げて加工することができます。従来の技術では加工機本体の生産速度に追いつかず、オフラインにて加工されてきました。

薄いだけではなく表面を柔らかくする加工もできます。
紙パルプを減らすことによりランニングコストを削減することができます。

トップシート3Dエンボス加工

速度300m/分の凹凸プレスにより、トップシートを柔らかくしてクッション性を上げることができる加工法です。肌に当たる面積も少なくなるので、さらさらとした使用感が続きます。

トップシートの不織布は、1枚でも2枚重ねでも加工できます。

女性用ナプキンや子供用紙おむつによく使われ、柔らか素材のニーズが高いアジア市場によく使われる技術の一つです。

SAPコントロールシステム

日本市場には、男の子用と女の子用の紙おむつがあります。色や外装の違いはもちろんですが、実は吸収体の構成も違い、ZUIKOの技術で高吸水性高分子(SAP)の散布位置を吸収体の前後にずらして、男の子用、女の子用のピンポイントのすばやい吸収を実現しました。