このサイトでは、サービス向上のためCookie(クッキー)を使用しています。このバナーを閉じるか、閲覧を継続することで、cookie使用に同意するものとします。 詳細はコチラ
[ 閉じる ]

機械紹介

機械投資への基本情報

ここでは、衛生用品の製造機を初めて検討、導入する企業様向けに、衛生用品製造機の検討、導入から運用までの一般的な内容をQ&A方式で以下の通り記載しております。

機械の基本について

機械のカタログはいただけますか?
弊社の機械は、お客様の要望に合わせて受注生産しており、仕様打合せの段階でさまざまな資料を提供させて頂いています。
申し訳ありませんが、カタログの用意はございません。
一台の機械で何サイズの製品が製造できますか?
機械・製品仕様にもよりますが、2~5サイズ製造できるように設計いたします。サイズ替えをする場合、機械を停止させ、ユニットを取り外し・取り付けを行います。オペレーターの経験にもよりますが、数時間で交換作業可能です。
原材料を供給して頂けますか?
原材料の供給はしておりません。しかし、原材料サプライヤーのご紹介や原材料に関する知識はご提供いたします。

設備投資のフロー

注文してから機械の出荷までどれぐらいの期間がかかりますか?
ご注文後、機械仕様が確定してから8~10ヶ月程が目安となります。

工場の必要環境

機械を一台設置する為には、どれぐらいのスペース、天井の高さが必要ですか?
機械仕様によりますが、平均的なスペースは、30m(長さ)×10m(奥行き)×5m(高さ)ほどです。
防塵室は必要ですか?
防塵室は必須ではありませんが、衛生用品を扱う環境として、塵やほこりを操業エリアに入れないような工夫は必要です。
機械を稼動させるにはどれぐらいの動力が必要ですか?
機械の仕様にもよりますが、約300‐900kVA必要です。
安定した動力が必要となります。約8000~13000Nl/mの圧縮空気も必要になります。

留意点

防音対策は必要ですか?
必要です。機械の騒音は100db近くまで達し、操業時、耳栓を装着する必要があります。お客様によっては防音室を設ける場合もございます。
原材料は試運転の際に必要ですか?
必要です。機械の試運転時にお客様の要望どおりの製品が作られるか確認するため、お客様に原材料をご用意いただく必要がございます。